発酵食品と旬の食べ物で、健康しあわせ生活を手に入れるために

ゆず胡椒を手作りしてみたよ。材料はたった3つ!作り方や所要時間を解説します。

hito
WRITER
 
ゆず胡椒を手作りしてみたよ。材料はたった3つ!作り方や所要時間を解説します。
この記事を書いている人 - WRITER -
hito
ぬか漬けや季節の手仕事が好きなアラサー女子です。会社員をしながらブログ運営しています。食べることが大好き!
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク

 

毎日しあわせごはんのhitoです。

 

ピリッといいアクセントになってくれるゆず胡椒。

調味料の名脇役ですよね。

 

ゆず胡椒って、実はたった3つの材料でできちゃうんです。

 

毎年ゆず胡椒を手作りしている人から

 

売ってるのと全然違う!

めちゃくちゃおすすめ!!

 

と激オシされたので作ってみました。

 

というわけで、実際にゆず胡椒を作ってみた体験をご紹介したいと思います。

私が参考にしたレシピや、実際に作業にかかった時間などリアルにお伝えしていきますね。

それではいってみましょう~。

 

スポンサーリンク

そもそも、ゆず胡椒とは?原材料はなに?

ゆず胡椒って、コショウなのかしら?

トマトちゃん

「胡椒」っていう字が入ってるけど、コショウは入っていないんだよ。
青唐辛子、青柚子、塩が原材料だよ。

hito

コショウは関係ないのね!知らなかったわ~!

トマトちゃん

 

ゆず胡椒はコショウではない、という事実を初めて知ったときは、なんてややこしい名前なんだ!と思いました・笑

由来について調べてみると、胡椒=唐辛子を指しているそうです。

 

名称の「胡椒」は唐辛子を意味する古語。九州では方言として残り、ここでは一般的な「コショウ」ではなく「唐辛子」の事を指している。

(Wikipediaより引用)

 

なるほど~。ゆずと唐辛子ってことね。そのまんまね!

トマトちゃん

 

 

ピリッと大人な調味料ですが、原材料は至ってシンプルです。

青唐辛子・青柚子・塩。

以上。

 

そして、作り方も至ってシンプルでした。

ざっくりいうと、唐辛子を細かく刻んで、ゆずの青い皮と果汁を絞り、塩を入れて混ぜる。

以上。

 

1週間ほど熟成させれば完成です。

 

ゆず胡椒の作り方と所要時間

実際に私が作ったレシピをご紹介します。

 

ゆず胡椒の材料

・青唐辛子 120g

・青柚子  3個

・塩    小さじ3

・青ゆずの絞り汁 1個分

 

らでぃっしゅぼーやのレシピを参考にしました。

 

ゆず胡椒の8割くらいは唐辛子でできています。

そこで注意したいのが、唐辛子の辛み成分!!

 

唐辛子を縦半分に切って、スプーンで種をかき出すのですが、その作業中は唐辛子の辛み成分で部屋の空気がヒリヒリしてきます。(本当に!)

 

そのため、作業を開始する前に換気扇を強でつけて万全に換気してください。

 

窓を開けられたらぜひ開けて、とにかく最大限に換気することをおすすめします。

 

そして、唐辛子を触るときはゴム手袋(どうしてもなければビニール手袋)をしてください。

 

私はビニール手袋をして作業したのですが、ビニール手袋だとどうしても若干辛み成分が浸透してきてしまうのですよね。

作業した日は、我慢できる程度でしたが指先が少しヒリヒリしました・・・。

 

ビニール手袋をしてもこんなかんじだったので、素手で作業したら本当にえらいこっちゃになります!

換気を万全に。

ゴム手袋をして作業する。

この二点は絶対に守ったほうがいいです。

 

では、準備が整ったところで早速ゆず胡椒を作っていきましょう。

工程はこんなかんじです。

ゆず胡椒のレシピ

1.青唐辛子を洗い、キッチンペーパーで水気をしっかり取る。

2.青唐辛子のヘタを切り落とし、縦半分に切る。種をスプーンでかき出す。

3.フードプロセッサーで種を取った青唐辛子を細かくする。

4.青柚子の青い皮の部分だけをおろし金で削り取る。

5.3に塩、青柚子の皮、柚子果汁を加えて混ぜる。

6.保存容器などに移し、冷蔵庫で1週間熟成させる。

 

1工程ずつ、詳しく見ていきましょう。

1.青唐辛子を洗い、キッチンペーパーで水気をしっかり取る。

ここでは水気をしっかり拭き取ることがポイントです。

拭き取りが甘いと、水っぽいゆず胡椒になってしまうそうです。

この段階では、まだ唐辛子の辛み成分は出ていないので、素手で洗っても大丈夫です。

 

2.青唐辛子のヘタを切り落とし、縦半分に切る。種をスプーンでかき出す。

ここからがゴム手袋の出番です!

換気の準備も万端ですか?

 

ヘタを切り落とす。

縦半分に切る。

種をスプーンでかき出す。

たった3ステップなのに、この作業がめちゃくちゃ時間かかりました。

120gの唐辛子を処理するのに、私は1時間かかりました。

 

ゴム手袋をしていて手先がうまく使えないので、細長い唐辛子を縦半分にするのが結構難しいのです。

 

種は、唐辛子にぐっとスプーンを押し当てるとうまく取れます。

先に唐辛子を全部半分に切ってしまって、その後種をかき出していったほうが効率的にできておすすめです。

 

私は、材料3つを全部フードプロセッサーにかけてできあがり♪

を想定していたので、唐辛子の処理で心が折れかけました・・・。

(心が折れすぎて、写真を撮る余裕すらなかったです。すみません)

 

が、美味しいゆず胡椒のためになんとか頑張りました!

あと、唐辛子の辛み成分が充満しているので、うっかり唐辛子を触った手で目をこすったり、汗をぬぐったりは厳禁です。

私は、作業中盤だんだん気が緩んできてうっかり顔を触りそうになって危なかったです。

ぜひ気を付けてくださいね。

 

1時間奮闘した結果、なんとか唐辛子の処理を終えました!!

この作業が終われば、作業の9割終わったようなものです。

おつかれさまでした!

 

3.フードプロセッサーで種を取った青唐辛子を細かくする。

フードプロセッサーがない場合は、包丁で細かく切ってもできるそうです。

フードプロセッサーを使うと一瞬でできるので、もしご家庭にある方はお使いになることをおすすめします。

 

ちなみに、私はデロンギのフードプロセッサーを愛用しています。

コンパクトで見た目もおしゃれだし、機能的にも文句なしです。

余談ですが、餃子用にキャベツとにらのみじん切りを大量に作りたいときにかなり便利に使っています。

一度に入れられる食材の量が少ないので、大量に作りたい場合は複数回に分けて使う必要がありますが、収納スペースや使用頻度を考えると私は十分だなと思っています。

 

話をもとに戻しますね。

フードプロセッサーで細かくした青唐辛子。

ん?もっと細かくしたいかも?

hito

 

血迷った私は、すり鉢に移してさらに細かくすることを試みました。

 

 

んー、、変わらない。。

hito

 

往生際悪く、溝がたくさんついたいわゆるふつうのすり鉢でも試してみたのですが、

だめだ、変わらない・・・汗

hito

 

イメージしていた滑らかなゆず胡椒にはなりませんでしたが、できることはやったのでこれでよしとしました。

結果的には、フードプロセッサーで細かくした程度で十分OK!でした。

 

なので、いまいち細かくなっていないかも、と心配になっても次工程に進んでみてくださいね。

(実際のできあがり写真は下のほうに掲載しています)

 

4.青柚子の青い皮の部分だけをおろし金で削り取る。

白い皮が入らないように、青い皮の部分だけを削ります。

 

2回くらいおろし金に押し当てると、もう白い皮が見え始めます。

 

こまめに青柚子を回しながら削ってみてください。

こちらの工程も写真を取り損ねてすみません。。。

 

5.3に塩、青柚子の皮、柚子果汁を加えて混ぜる。

とっておきの調味料にはとっておきのお塩!

ということで、今回は海の精を使いました。

 

お高いですがとっても上質でおいしいお塩です。

普段使いのお塩は別のものを使っていて、海の精はここぞというときにしか使いません。

使い方を工夫すると、なかなか減らず経済的ですよ・笑

 

栗ごはん炊いたときも使いました♡

 

6.保存容器などに移し、冷蔵庫で1週間熟成させる。

できあがったばかりのゆず胡椒は青臭いので、1週間ほど冷蔵庫で熟成させます。

保存期間はレシピによって様々で、冷蔵の場合は1週間~1年とかなり幅があるようです。

 

ゆず胡椒は冷凍もできます。

冷凍の場合1年近く保存できるので、今回は冷蔵と冷凍半々くらいで保管することにしました。

 

ゆず胡椒を作ってみた感想

唐辛子の処理がめちゃ大変でした。

感想は、これに尽きます・笑

 

トータル所要時間は1時間半で、そのうち1時間は唐辛子の処理に使いました。

気になるお味のほうは、めちゃくちゃおいしかったです!!

 

既製品では感じられないフレッシュな辛みとゆずの爽やかさが最高!!

 

早速、秋刀魚のゆず胡椒焼きを作ってみました。

 

View this post on Instagram

 

9月30日のお昼ごはん。 * 秋刀魚の柚子胡椒焼き。 豚肉と万願寺とうがらしと茄子の甘辛味噌炒め。 雑穀ごはん。なめこと豆腐のお味噌汁。 * オレンジページに載っていて気になっていた秋刀魚の柚子胡椒焼きを作りました😋 柚子胡椒は自家製です♡ * 柚子胡椒、みりん、酒の合わせ調味料最高!これは色々応用ができそう😍 * 今年は秋刀魚がお手頃価格で嬉しいですね👌 * * #昼ごはん #ランチ #おうちごはん #秋刀魚 #さんま #サンマ #オレンジページ #オレンジページレシピ #健康的な食事 #おうちごはん記録 #雑穀米 #ブラックパラティッシ #柚子胡椒 #ゆずこしょう #ゆず胡椒 #柚子こしょう

echoose hitoさん(@hito_echoose)がシェアした投稿 –

ゆず胡椒って、一気に使うものではないし、この冬楽しめると思うと苦労したかいがあるかなと思いました。

 

手作りゆず胡椒のまとめ

手作りゆず胡椒について、5段階評価してみました。

(★が多いほど作りやすいです)

 

ゆず胡椒のまとめ

●材料の揃えやすさ:☆☆☆☆

●手間:★★☆☆☆

●難易度:★★★☆☆

●味:★★★★★

●小さい子どもがお手伝いできる:☆☆☆☆☆

●所要時間:1時間半(うち1時間は唐辛子処理に使いました)

 

青唐辛子はなかなかふつうのスーパーでは手に入らないですよね。

道の駅やネット通販で購入するのがよいと思います。

 

私は、らでぃっしゅぼーやの「手作りゆず胡椒セット」を購入しました。

唐辛子と青柚子が必要な量だけセットされているので便利でしたよ。

 

作業内容は、唐辛子のヘタと種を取って細かくし、青柚子の青い皮と果汁と塩を混ぜると至ってシンプル。

ですが、唐辛子の処理に手先の器用さが求められるのと、唐辛子の辛み成分は強烈なので、お子さんにはおすすめできません。

 

味は抜群によいので、大人がひと冬楽しむ調味料を仕込む愉しみを味わうには最適かなと思いました。

 

青柚子と青唐辛子、両方が手に入る時期は9月です。

ぜひ短い旬の期間をとらえて、手作りゆず胡椒にチャレンジしてみてください♪

 

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
hito
ぬか漬けや季節の手仕事が好きなアラサー女子です。会社員をしながらブログ運営しています。食べることが大好き!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© You are what you eat&choose. , 2018 All Rights Reserved.