発酵食品と旬の食べ物で、健康しあわせ生活を手に入れるために

夫婦円満の秘訣!共働き夫婦が家事分担しないほうがいい3つの理由

hito
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
hito
ぬか漬けや季節の手仕事が好きなアラサー女子です。会社員をしながらブログ運営しています。食べることが大好き!
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク

 

毎日しあわせごはんのhitoです。

共働き夫婦の永遠のテーマ、家事分担

結婚して悩むことの1つが家事分担ではないでしょうか。

 

私も結婚当初、まずは家事分担しなくては!と思っていました。

まわりで、分担をしている夫婦が圧倒的に多かったからです。

でも、今は「できるほうがやる」というルールで特に明確な役割分担はしていません。

 

夫から提案された「家事分担せず、できるほうがやる」というルール。

正直はじめは半信半疑でした。

夫が家事をまったくせず、自分だけが家事するはめになるのではないだろうか、と不安だったんです。

 

ところが、実際やってみると思った以上にストレスがなく快適!

今日は、その理由をお伝えしていきたいと思います。

それではいってみましょう~。

 

この記事はこんな人におすすめです

・結婚して家事分担問題に直面している

・家事分担をしているが、うまくいっていない

・つい家事を頑張りすぎてお疲れ気味

 

スポンサーリンク

 

家事分担しないほうがいい1つめの理由:分担すると自分も苦しいから

平日、仕事を終えてどうしようもなく疲れているとき。

 

もし頑張り屋のあなたが洗濯物を干してたたむ、という役割を担っていたら「面倒だなぁ」と思いながらも頑張っちゃいますよね。

 

山積みになった洗濯物をきれいに片づければ、部屋も片付いてすっきり。気分もすっきり。

 

片づけたほうがすっきりするならちょっと頑張って片づけてしまったほうがいいですが、とにかく疲れていて何もしたくない・・・という日もありますよね。

 

そんな日は、家事の優先順位を落として翌日に備えて早く寝たほうがいい。

 

私は、自分の役割になっている家事が満足にできないと、ストレスを感じてしまいます。

その点、「できるほうがやる」というルールだと家事ができなかったときに罪悪感がありません。

 

家事分担しないほうがいい2つめの理由:思いがけないサプライズがあるから

家事分担しないほうがいい2つめの理由:思いがけないサプライズがあるから

溜まってきた洗濯物。さすがにそろそろ洗濯しないと・・・。

明日の朝、少し早めに起きて洗濯しよう!と思って目覚ましをセットします。

 

翌朝。

「あれ?洗濯物がない・・・??」と思って、ベランダを見てみると朝日を浴びて干されている洗濯物たち!!

夫が昨晩洗濯してくれていたのです。

ラッキー!!

こういうことがたまにあります。

 

ちょっと早く起きた分、いつもよりゆったり朝ごはんを食べて余裕をもって家を出ます。

一日のはじまりに余裕があると、一日気持ちよく過ごせます。

分担していないからこそ、思いがけず夫が家事をしておいてくれることがあり、日常にうれしいサプライズがあるのです。

 

家事分担しないほうがいい3つめの理由:相手に感謝の気持ちを持てるから

家事分担しないほうがいい3つめの理由:相手に感謝の気持ちを持てるから

分担をしていない分、相手がやってくれた家事に対して心から感謝できます。

 

それは夫も同様で、私が平日洗濯したりお弁当を作ったりすると、ありがとうと言ってくれます。

もちろん、私も夫が家事をしてくれたときは感謝を伝えます。

 

毎日のように「ありがとう」が飛び交う我が家。

 

もし家事分担していたら、ここまで感謝の気持ちは持てていないと思います。

 

きっと、「夫の役割だし当たり前」「やって当然」と思ってしまっていたはず。

 

家事は毎日のことだから、お互い気持ちのいいありがとうを言えるのは、夫婦円満の秘訣かなと思っています。

 

しなくちゃいけない家事が多すぎて限界寸前!というあなたへ

しなくちゃいけない家事が多すぎて限界寸前!というあなたへ

「分担をしないといっても、やらなきゃいけない家事が多すぎて、妻である自分が頑張らないと終わらないよ~!」というそこのあなた。

その気持ち、とてもわかります!

なぜなら、新婚当初の私がそうだったから。

 

掃除機は毎日かけるもの。

翌日のお弁当のおかずを手作りして、洗濯して・・・

なんてやっていたら、あっという間に寝る時間!!

自分の時間なんて全然ありません。

 

「なんで自分ばっかり・・・」と掃除機をかけながら泣けてきたときもありました。

 

そんなとき、出会ったのが家事をしなくても死なないという言葉。

 

家事は毎日しなくちゃと思っていた私にとっては、目から鱗でした。

 

家事=毎日するものという固定観念を捨てて、完璧を目指さないズボラ家事をしてみると、あら不思議。

 

あんなにストレスを抱えて家事をしていたのは何だったんだろうと思うくらいストレスフリーになりました。

 

掃除機は週末だけしかかけない。

取り込んだ洗濯物は山積みでも気にしない。(基本放置して週末いっきにたたむ)

お弁当は冷食にも頼る。

 

恥ずかしながら、今の我が家の平日家事はこんなかんじです。

 

本当は毎日掃除機をかけて部屋をきれいに保てればいいのですが、平日家に居る時間は朝晩のごくわずか。

家事と他のことに優先順位をつけて、できないものはしょうがないと割り切ってから、ストレスなく生活できるようになりました。

 

そもそも家事を頑張りすぎているかも、と思ったらぜひ「家事をしなくても死なない」という言葉を自分に投げかけてみてください。

 

今よりいいバランスを見つけられれば、毎日の生活がストレスフリーでもっと楽しいものになりますよ。

 

まとめ

まとめ

家事分担をしないほうがいい3つの理由、いかがでしたでしょうか。

おさらいすると

理由1:分担すると自分も苦しいから

理由2:思いがけないサプライズがあるから

理由3:相手に感謝の気持ちを持てるから

 

当初、分担しないと自分だけが家事するはめになるのではないだろうかと不安に思っていたのですが、意外と大丈夫でした。

 

夫婦はお互いがお互いの幸せを願っているはず。

 

同じようにフルタイムで働いているのに、相手ばかりが家事をしていたら悪いなと思いますよね。

 

家事分担をせず、できるほうがやるというスタイルだとストレスなく家事に取り組めます。

 

また、自分があとでやろうと思っていた家事を相手が先まわりしてやってくれるうれしいサプライズがあったり。

 

家事をやること・やってくれることは当たり前ではないので、お互いに感謝の気持ちを持ち続けることができます。

 

そんな悠長なこと言ってられないよ!という方は、家事をしなくても死なないという言葉を念頭に、ぜひ家事のボリュームを減らすことを意識してみてください。

 

キーワードは、完璧を求めず、優先順位をつけること。

 

家事はやろうと思えばいくらでもできますが、他のことと優先順位をつけて思い切って平日は一切しない、と割り切るのもひとつの手。

ストレスを溜めず、しあわせに生活できるのが一番です。

 

ぜひ、夫婦にあったやり方、自分にあったやり方を見つけてみてください。

 

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
hito
ぬか漬けや季節の手仕事が好きなアラサー女子です。会社員をしながらブログ運営しています。食べることが大好き!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© You are what you eat&choose. , 2018 All Rights Reserved.